写真

頭皮の問題を毛根ケアで解消 ≫ トップページ

ストレスは百害あって一利なし

喫煙やアルコールなど、長く大量に摂取することで
身体に悪影響があるとされているものはいろいろありますが、
それらよりも短期間で、けれど確実に身体に悪影響を及ぼすものにストレスがあります。

ストレスからくる症状には、頭痛や肩こり、胃腸障害などの他にも
うつ病など専門医での治療が必要になるだろう症状もあり、
こうした症状が出ないうちに軽減してあげることが望ましいと考えられています。
また、ストレスはこうした内科的症状だけでなく、
人の見た目にも大きな変化をもたらすことがあります。
それが、抜け毛や薄毛といった毛髪に関する症状です。

ストレスは体内に大量の活性酸素を発生させます。
活性酸素とは、体内のさまざまな機能を錆びつかせ、不活性化させる物質です。
新陳代謝や血流といった機能を低下させ、栄養や酸素の摂取や運搬を阻害し、
細胞の生まれ変わりを滞らせてしまう物質なのです。
その影響が、見える形で現れるのが毛髪です。

毛髪は、頭皮や肌のように短いサイクルで生まれかわる訳ではないので、
活性酸素によって一度毛根の中にある成長因子の働きが鈍ったり減少してしまうと、
新しい毛髪がなかなか生えてこなくなるだけでなく、発毛自体を止めてしまい、
薄毛や抜け毛の症状が長く続くことにもなりかねないのです。

それだけでなく、減少してしまった場合は専門医での治療が必要になる場合もあります。
人から目につきやすい毛髪に関する悩みは新たなストレスにもなりかねないので、
日頃からストレスの軽減に努めることが大切です。

育毛剤は成長因子が入っている物で実感しよう