写真

頭皮の問題を毛根ケアで解消 ≫ 原因が複合化する前にケアを

原因が複合化する前にケアを

毛髪は、その根元にある成長因子からの指令を受けた
毛母細胞が増えることによって発毛します。
新しい毛髪が生えて来るかどうか、それが正しいサイクルで成長するかどうかは、
毛根が頭皮にしっかり根を張っていることと
成長因子が正常に機能しているかが重要なのです。

つまり、薄毛や抜け毛で悩んでいる人は、毛根に力がなく、
成長因子もまた正常に機能していないということです。そうした症状に陥ってしまう原因はさまざまですが、近年ではストレスと共に、キープ力の高い整髪料によって、頭皮の呼吸が妨げられることや皮脂腺が塞がれてしまうことが原因の多くとしてあげられているようです。

ストレス社会と呼ばれる現代では、毎日のストレスケアが大切だと言われています。ストレスが溜まって来ると、そこから来る倦怠感によって食事を抜いたり入浴を省いたりといった不規則な生活習慣に陥る人が増え、それによって新陳代謝の機能が低下したりヘアサイクルが乱れ始め、抜け毛や薄毛の症状が現れるようになるのです。

キープ力の高い整髪料を使用しているからこそ、頭皮や毛髪を傷めないために毎日の丁寧なシャンプーが大切になってくるのですが、ストレスはその作業を面倒臭いと感じさせるだけでなく、簡単に済まそう、あるいは明日にしてしまおうと思わせてしまうのです。ですから、原因としてあげられるこれらは、複合的な要因と言えるでしょう。

倦怠感を取り除くためにも、毎日のストレスケアは大切ですし、健康な毛髪を維持するためには丁寧なシャンプーが必要です。ストレスの溜まり具合や生活習慣に気をつけ、毛髪が健やかに成長出来るよう心がけましょう。